http://letsxchange.jp/

みなさんはxChange(エクスチェンジ)というファッションアイテムの物々交換会があることをご存知ですか?

xChangeは誰でも気軽に参加できるフリースタイルの物々交換会。楽しみながらモノが循環する豊かな社会を目指して!

2007年から開催されているxChangeは日本発のプロジェクト。
2012年までの実績で開催回数140回以上、参加人数のべ10万人以上、交換アイテム数50万点以上。パタゴニアやJ-WAVEなどが協賛する注目のイベントになってきています。

xChangeのおもしろいルール「エピソードタグ」

エピソードタグは、交換するアイテム全てに、服の思い出や次に着ていただける人へのメッセージを自由に書いてもらうというもの。このルールは各アイテムに思わぬ付加価値をつけてくれます。
実際に私が参加したときにも交換する服選びの大きなポイントとなりました。

値段を見るように、エピソードタグを読みながら服を物色するのもxChangeの楽しみの一つ。前の持ち主と新しい持ち主、キモチとキモチをつなげるおもしろいシカケ。

xChange発起人の丹羽順子さん

J-WAVE「LOHAS SUNDAY」のナビゲーターなどでも活躍。
現在はタイ北部のオーガニック・ファーム・コミュニティで暮らし農業生活を実践しているそうです。

最近のブログでは、チェルノブイリ原発事故後の経験を福島に活かすため、ベラルーシ共和国「ベルラド放射能安全研究所」の取材がレポートされています。

ブログ
Facebook
twitter

地球環境に配慮しながらオシャレを楽しむ!
オーガニックコットンを選択できる時代

オーガニックコットンとは、農薬や殺虫剤などを少なくとも3年以上使用していない畑で、農薬や殺虫剤、化成肥料などを使わずに有機肥料のみを使って栽培されたコットン

日本人は年間10kgの服を買い、そのうち9kg捨てているそうです。
xChangeでは「服は買わないようにしよう」と言っているわけではなく、「服を着ない人はいない。だからみんなで服からエコを考えよう!」と呼びかけています。

それは例えば買うものを選ぶことにつながるかもしれません。
オーガニックコットン、オーガニックウール製品。竹や麻など耐寒性があり成長が早い植物は殺虫剤や化学肥料を最小限で生産され環境への負荷が少ないとされています。またフェアトレード・ブランドやオーガニック素材の認証制度も充実してきています。

私たちは人類史上初めてファッションの素材を気軽に選べる時代に生きています。
消費のパターンを変えて少しだけエコを意識した買い物も楽しそうです!

最近よく耳にする「サステナブル」とは「環境に多大な負荷を与えず、持続可能な状態であるさま」という言葉。
もし多くの人が、楽しくてうれしいファッション分野からサステナブルを意識することができるとしたらそれはきっと何かを変えてしまえるくらい大きなパワーとなるはずです。

xChangeでは自主開催をすすめています。